株式会社小倉左官店

左官工事を瑞浪市近隣でご依頼なら株式会社小倉左官店にお任せください。土物左官工事、デザイン壁タイル工事なども承っております。

HOME»  左官工事

左官工事

左官工事とは

左官工事とは

 

近代住宅はコスト面やデザインの自由性などから新建材が用いられ、今はそれが主流になっています。
人工的に作られた素材には、科学物質を含むものもあります。近年そのような化学物質がアレルギー症状の原因となることが問題になっています。また、住宅の気密もそれに拍車をかけることになります。

では、自然素材を使った伝統的な家はどうでしょう?伝統住宅は日本の四季にあった建築方法を用いています。
自然素材はそれ自体が生きていて、呼吸をしています。さらに湿気や有害な物質を吸い、空気をクリーンにする効果もあります。

つまり、健康で住みやすい家とは、呼吸のできる自然素材の家であるといえるのです。

 

土物工事

左官工事を行う上での「下地」を「適用下地」

左官による仕上げを中心に行う「塗り仕上げ」と「下地施工から仕上げ塗りまで一貫して行うものを「湿式工事」といいます。

当店では、この湿式工事を得意とし、下地から仕上げまで一貫して、責任を持って施工させていただいております。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

土物工事

 

漆喰

漆喰

 

漆喰とは、石灰に麻などの繊維を加え、草本や海藻から得る接着剤と水などを加え練り上げて作られています。防火性が高く、古くから土蔵に使われてきました。また、調湿機能も持ち、季節の変化に耐え、カビがつきにくいという性質を持つため、今でも押入れの壁などに使われることもあります。

気候が季節ごとに変化する日本にもっとも適した建材であるともいえるでしょう。

 

土蔵

日本の伝統的な建築様式のひとつで、木を骨格としその上に厚く土塗りを施し漆喰などで仕上げます。わが国古くからの防火構造建築物の代表です。

倉庫や保管庫として用いられるほか、店舗、住居を兼ねる場合もあります。


土蔵の補修、土蔵造りも当店の得意とする工事です。

 

土蔵

 

珪藻土

珪藻土

 

珪藻土とは、水中のプランクトンの死骸が堆積し、化石化したものです。
多孔質で調湿性・吸音性に非常に優れています。

最近では自然素材による健康志向の住まいづくりの定番ともなってきています。

当店では、素材選びから仕上がりの風合いまで、お客様のご要望に応じて、ご提案いたします。ぜひご相談ください。